活動内容

舞台鑑賞

3つの年齢層に分かれて活動しつつ、みんなで交流しています

0123

温かい信頼関係を築いていくはじめの一歩。
0123歳のために創られた舞台やワークショップ、遊び会など、親子一緒に毎月楽しめることがいっぱい!

低学年部

遊びも友だち関係も広がるとき。年5回“舞台を観る”という親子の共通体験、友だちとの集団遊びやキャンプなど、いろいろな体験を存分にするなかで「自分が好き!」と思える下地(自己肯定感)やコミュニケーション力・創造力が育まれていきます。

高学年部

多感な思春期。生の舞台との出会いは、生きる希望や人間の素晴らしさ、日頃感じている様々な矛盾や葛藤などに向き合い、人生に思いを馳せる体験となります。子どもキャンプ等の活動は青年と子どもたちが年齢を超え、自分たちの力だけで企画実行しています。また、親とも先生とも違う大人との出会い、多くの仲間との交流が、人生を豊かにし前向きに生きる力を育みます。学校とはちょっと違う居場所です。


生の舞台を観ることは五感をフル回転させる、全身で感じる体験です。

さらに、観続けることで判断力や想像力・創造力が育まれ、それが自分で考える力や人を思いやる心になっていきます。


これからの鑑賞スケジュール

ひがし・にし・きた

TAM(青葉区・都筑区・緑区)


たくさんあそぶ

おやこキャンプ

0歳から中高生、青年・大人まで、異年齢でのふれあいが楽しい。

こどもキャンプ

4年生以上、青年まで。自分たちで企画・実行するキャンプは楽しさ、達成感も格別! 

おやこまつり

子どもの「やりたい!」という思いを大人がサポート。

(例えば、子どもならではの発想の楽しいお店、大勢だからできる遊びで盛り上がろう!)


 

最新の情報は各劇場のブログで紹介されています。お近くの劇場のブログをご覧ください。

≫横浜ひがしおやこ劇場 のブログへ

≫横浜にしおやこ劇場 のブログへ

≫横浜きたおやこ劇場 のブログへ

≫TAMおやこのひろば のブログへ

こどもにとってあそびはごはんと同じくらい大切です。

時間を気にせず友だちと夢中になって思う存分あそぶ…この体験をたくさんするなかでしぜんに前向きに生きる力が育まれていきます。